よくある質問

サポートSupport

製品カテゴリー

よくある質問 Q&A

  • 3倍尺のび助一方向式Ⅱのストッパーレバーは、3倍尺のび助一方向式に取り付けられますか。

    3倍尺のび助一方向式には取り付けられません。
    3倍尺のび助一方向式Ⅱ専用のレバーとなります。

  • ステンレス製の直尺と、アルミ製の直尺、何が違いますか。

    ステンレス製直尺は、熱膨張が少なく精密な測定に向いています。
    アルミ製直尺は、軽量で、取り回しが良く、
    厚みもあるのでカッター定規としても便利です。

  • のび助の突き当て部分は部品で販売していますか。

    一方向式と両方向式で違いがありますがご用意しております。

     

    一方向式の上段突き当ては、
    品番 82048 品名 部品 上段キャップ・ネジセット のび助一方向式用

     

    一方向式の下段突き当ては、
    品番 82049 品名 部品 下段キャップ・ネジセット のび助一方向式用

     

    また、両方向式の突き当ては、
    品番 81551 品名 部品 サイドキャップ・ネジセット のび助両方向式用

     

    となっております。
    弊社製品取扱店にてご注文ください。

     

  • のび助一方向式のレバーには1、2と数字がありますが、これはどういう意味でしょうか。

    計測時に本体を伸ばす順番です。まず1のレバーを起こして細尺を伸ばし、

    測りたい長さでレバーを倒して固定し、計測します。

    測りたい長さが足りない場合、1のレバーを起こして細尺を

    すべて出し切ってから1のレバーを倒して固定し、

    2のレバーを起こして中尺を伸ばして

    測りたい長さで同様に固定し計測します。

  • 尺相当とは尺となにが違うのでしょうか。

    尺相当とは尺をメートルで表していることを指します。

    1尺は10/33mで表されます。尺貫法からメートル法に代わったため

    現在ではこのような表記で尺を表しています。

  • のび助一方向式のレバーが折れてしまいました。部品は入手できますか。

    ストッパーレバー①赤色は品番82100、

    ストッパーレバー②黄色は品番82101で部品販売しており、

    お客様ご自身で交換が可能となっております。
    ただし、製品のレバーの軸の金属部品にスリ割りがないタイプ

    (マイナスドライバーを指す溝がないタイプ)ですと、

    ご自身での修理が困難ですのでご購入店を通して修理の依頼を

    かけてください。

  • アルミカッター定規 カット師 PROTECTの防護壁の高さが知りたい。

    防護壁の高さはカッティング面から35mmあるので、

    安全に作業ができます。

  • のび助の一方向式と両方向式の違いはなんでしょうか。

    一方向式は、伸縮が一方向なので、持ち替える必要がなく

    特に天井高測定に適しています。
    両方向式は伸縮が両方向なので中央部を持ち、測定します。

    左右に竿を伸ばして行う内寸測定に適しています。

  • 製品でお困りですか?

    よくある質問
    Q&A

  • 使い方や魅力をチェック!

    製品ムービー

  • 製品をチェック!

    デジタルカタログ

  • よくある質問
    Q&A

  • 製品ムービー

  • 製品情報

閉じる
閉じる

お役立ちメニュー

開く
開く